トレイトレーニングに絵本でもシールでも上手く行かない!間違ったなと思う3つのポイント!

子育て

こんにちは。年子ママです。もうすぐ3歳になる娘ですが、トレイトレに絶賛失敗中です。今では、絵本やシールで釣ってもトレイに行くこと泣き叫んでいかないように・・。去年の夏も失敗して、今年再チャレンジしているのですが私が上手く行かないと思う点をまとめてみました。これからトイレトレーニングに挑戦する人は、参考にして下さい。

スポンサーリンク

トイレトレで失敗したと思うこと:焦りすぎた

去年は、生まれたばかりの息子がいた我が家、息子が動き出す前にと、娘にトイレに行くように何度もお願いしたのが、嫌だったのかなと反省しています。2歳と言えば、魔のいやいや期。行きたくないという娘を無理に抱っこして連れていたのがトレイ=怖い場所という認識になったのではないかと思っています。これからトイレトレする人は、無理やりは禁物です。ちなみに1歳になったばかりの息子は、姉のトイレトレーニングに合わせてトイレに連れて行っていたら、トイレに行くことが好きになったようです。自分からトイレに行きたいという気持ちにさせることが大事なのかもしれませんね。

トイレトレで失敗したと思うこと:おもちゃや絵本にすぐ飽きた

我が家では、トイレにおもちゃや絵本をたくさん用意しています。オマルだって高かったですが、アンパンマンを採用しました。

しかし、昨年からトイレトレーニングをしているのでさあトイレでしようと言う時には、もうすでにアンパンマンに飽きてしまっている状態です。絵本も何度か読むと飽きてしまい効果も出ず。しまじろうのトイレグッスもその時は良かったのですが、すぐに飽きてしまいました。キャクター物でトイレトレーニングをしようと考えている人は、高価なものではない方が親の心境としては良いのかなという感じです。飽きない物で何が効果的か今模索中です。

トイレトレで失敗したと思うこと:怒りすぎた

トイトレで大事なことは、怒らないことだと保育士の人からアドバイスを貰いました。実は2人目妊娠中に試験にチャレンジして、保育士の免許を持っている年子ママですが、絶対にこの時期までに取らないといけないというこだわりが強く、怒りすぎてしまった気がします。今は、オムツではなくお姉さんパンツや暖かい日は、なにも着せないままトイレトレにチャレンジしていますが、失敗が続く日々・・。怒ってはいけないとは思っているのですが、なかなか難しいですよね。お姉さんパンツが可哀想などという言い方が良いそうです。

今年の夏こそはトイトレに成功したい!

今度トイレトレーニング関連の記事を書く際には、成功例を書きたいと思います。周りもオムツが取れだしているので、焦りますがこの3点を気にしつつ、トイトレに励みたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント