安室奈美恵の息子を医学部に進学させた子育て方法を徹底調査!意外なルールも!

エンタメ

ラストツアーの最終公演も終了し、2018年9月の引退までカウントダウンに入った安室奈美恵さん。実は安室奈美恵さんの息子である温大さんは、京都の名門大学に進学し医学部で学んでいると言われています。多忙な芸能生活の中でも、息子を医学部に進学させた凄腕のママ安室奈美恵さんの子育て術を徹底的に調べてみました。

 

スポンサーリンク

歌姫安室奈美恵さんの子育て方法:夜遅い時間や土日は子供と過ごす!

安室奈美恵さんは、女手1つで息子を育てました。離婚したころは、元夫であるSAMさんと週替わりで子育てをしていたそうです。しかし元夫が多忙になり、安室奈美恵さん1人で息子の養育をすることになったようです。歌手として、コンサートなどで多忙な時期やもう少し夜遅い時間にライブしたいなと思ったこともあると思いますが、18時以降の仕事や土日には極力仕事を入れず息子との時間を過ごしていたそうです。安室奈美恵さんにとっては、生放送のゴールデンタイムの音楽番組よりも息子との時間が大切だったということでしょうか。長期間仕事で離ればなれになる時には、その後旅行で埋め合わせをするそうです。さすがですね。

忙しい安室奈美恵さんの子育て術:お弁当づくりは積極的に行う

毎朝6時に起きて、息子のお弁当を作っていたという安室奈美恵さん。毎日お弁当作るのって、献立を決めたり栄養のバランス、見た目も気にしたりして意外に大変ですよね。眠たくてもう面倒な日もあったと思いますが、作り続けていたという安室奈美恵さんはすごい!

アムラーも絶賛?安室奈美恵さんの素晴らしすぎる子育て術:学校の送り迎えもする!

多忙な中でも、息子の学校の送り迎えは安室奈美恵さん自身が車で行っていたようです。車の中でも子供との会話を大事にしていたのでしょうか。安室奈美恵さんは当初は車の運転は苦手だったそうですが、息子のために特訓したそうです。

安室奈美恵さんの男の子のママとしての子育て:息子と恋愛の話をする

私なら照れてしまいそうですが、安室奈美恵さんは息子に彼女を紹介されるなど恋愛に関してはオープンなようです。ようは、何でも話すことが出来るママという認識を息子から持たれているという信頼関係を築いているということですね。それにしても彼氏の母親が安室奈美恵さんってすごいですよね。安室奈美恵さん自身はは、息子の心情も考えて実際に再婚を考える人でないと紹介しないそうです。

子育てに関して安室奈美恵さんの凄いルール:お金の使い方を教える

教育費などにはお金をたっぷり出す反面、無駄なことや過剰なことにはお金は使わず金銭感覚を大事に育て上げたそうです。かなり稼いでいる安室奈美恵さんですが、息子には一般人の感覚を大事にしてほしかったのかもしれませんね。京都の大学に進学したので、高級マンションを購入するなど気前の良いところは流石です。

安室奈美恵さんの子育て術:息子が大きくなっても母親と外出してくれるカッコよさをキープ

安室奈美恵さんは、以前息子と東京で一緒に出掛けている様子をスクープされています。ある程度の年齢になると母親と出掛けることを嫌がる男の子も多いので、一緒に外出したいと思わせるカッコよさをキープ出来ている所は流石ということです。日頃のスキンケアなどを頑張らないといけませんね。

私のおすすめのスキンケアは、RF28ミラクルワンリッチ&モイストを実際に使ってみたリアルな口コミ!手触りや匂いも紹介!で紹介しています。

流石と思う安室奈美恵さんの子育て:家族のために仕事を頑張る

芸能界の第一線で活躍してきた安室奈美恵さんですが、辛いと思ったことも多かったでしょう。しかし、息子さんのために歌い続けたそうです。そんな安室奈美恵さんの気持ちは、20枚目のシングルであるSay the wordにも表現されています。この曲は、安室奈美恵さんが息子のことを思って作詞したそうです。

安室奈美恵さんと息子の今後に注目!

引退をする理由も、息子が成人したからと言われている安室奈美恵さん。子育てと仕事の両立から解き放たれてやっと自分だけでの時間がとれるのではないでしょうか。子育てで真似できそうな点は、どんどん真似て行きましょう。

おすすめ記事

429 Too Many Requests
429 Too Many Requests
大坂なおみの父は独学のコーチ?母は?世界ランキング上位のテニス選手に育てた子育て法は?
女子プロテニス選手として大活躍している大坂なおみさん!ついに全米オープンのシングルスでセリーナ選手を破りグランドスラムも成し遂げました。まだ20歳という若い年齢なので今後も期待できますよね。我が子も大坂なおみさんのように一流の人に育てるには

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント