ルパパトのルパンエックスとパトレンエックスの変身が忙しいのはなぜ?おもちゃやロボットが関係ある?

エンタメ

元木聖也さんが演じて話題になっている快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー!新レンジャーが参加してから更に人気が出たのではないでしょうか。我が家では、毎回娘・息子だけでなく、私や主人も夢中になってみています。しかし、気になるのが元木聖也さん扮する高尾ノエルのルパンエックスとパトレンエックス間の変身の多さ!大人も混乱するぐらいなので、子供達は分かっているのかなと若干不安に(楽しそうにみているから良いのですけどね)。ここでは、私なりにまだまだ謎の多いルパンエックスとパトレンエックスの変身の謎などを考えてみました。

スポンサーリンク

ルパパトのルパンエックスとパトレンエックスとは?

ルパンエックスとパトレンエックスは、快盗戦隊ルパンレンジャーと警察戦隊パトレンジャーとが共存するルパパトの追加戦士として、怪盗にも警察にもなれる存在です。ルパンエックスとパトレンエックスは、同一人物で正体は国際警察フランス本部の潜入捜査官である高尾ノエルです。演じているのは、元木聖也さんです。スーツアクターは、伊藤茂騎さんです。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=23&v=mRst_KpOmYI
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

この動画でも紹介されていますが、高尾ノエルが変身する際には、Xチェンジャーを使います。エックストレインシルバーとエックストレインゴールドがミックスしているアイテムです。エックストレインゴールドの方を前に向けてセンター部分を半分回し、さらに上に半分回せば警察チェンジということでパトレンエックスに変身できます。さらに、ガンの部分を半分回しシルバーの部分が前方に来るようにして半分回せば快盗エックスチェンジでルパンエックスに変身することができます。

ルパンエックスとパトレンエックスは変身が忙しすぎる!

①エックストレインに乗っている時・・

エックストレインというエックス専用の乗り物があるのですが、ルパンエックスとして使う時はシルバー側が前、パトレンエックスが使う時にはゴールドが後ろになっています。分けて使うことも出来るのですが、技を使い分ける際には、前に来たり、後ろに来たりその度に変身!正直あまりの忙しさに、見ている私もびっくり!スーツアクターの人も着替えが多くて大変なのではないかと思いました(笑)

②普通に戦闘している時・・

# 23 「ステイタス・ゴールド」を見ていた時です。結構メインはルパン側の話だったので、高尾ノエルもほとんどルパンエックスとして登場していました。しかし、しばらくするとパトレンエックスにも変身!本当に撮影大変そうです。お疲れさまです。

どうしてルパンエックスとパトレンエックスの変身が忙しいのか考えてみた

①VS戦隊ということをアピールするため?

ルパパトの売りは、レンジャー同士が時には敵として時には味方として活躍するシリーズです。その2つのレンジャーの良いところを取った高尾ノエル扮するルパンエックスとパトレンエックスの存在を分かりやすくするために頻繁に相互に変身するのでしょうか。

②攻撃やできる技が違うから?

ルパンエックスとパトレンエックスは、出来る技が違います。それぞれの技を繰り出すためには、変身を変えるという設定が必要なのでしょう。ロボットになった時も得意技がそれぞれ異なるので、特徴を分かりやすく子供に伝えるには外見が全く異なる姿の方が分かりやすいのではないでしょうか。でもどちらもエックスだし、どっちでもそれぞれの武器が使えたらもっとスムーズなのになと思ってしまう大人の私・・。

③おもちゃのため?

これは、もう大人の目線ですが(笑)、ルパパトは人気でおもちゃの売り上げもとても良いみたいです。ただルパンレンジャーと警察レンジャーの両方のおもちゃを揃えるとなると親はお財布が厳しいのではないでしょうか。その点エックスは、両方を兼ね揃えているのでおもちゃの購入も1回で済みます。(笑)頻繁に変身し、エックスチェンジャーに注目を集める効果も期待できるのではないでしょうか。

ますます盛り上がるルパパトから目が離せない!

ルパンエックスとパトレンエックスの登場でさらに面白くなってきたルパパト!大人気で特別映像も公開されるようです。

今回は私なりに忙しい相互変身理由を考えてみました。今後もルパンエックスとパトレンエックスの忙しすぎる変身姿にも注目です。

おすすめの記事

おとうさんといっしょを卒業したせいやくんが今度はルパパトに高尾ノエル役登場!役柄や服装は?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント