下町ロケット2018ドラマ続編のあらすじや原作は?ロケ地はどこ?

エンタメ

大人気の下町ロケットが、2018年10月期にいよいよ放送されることが決定しましたね!下町ロケットは、阿部寛さんの代表的な作品と言っても過言ではありません。2015年に放送されてから早3年!気になる2018年版ドラマ下町ロケットについて、気になった事をまとめてみました。

スポンサーリンク

続編が放送予定の下町ロケットとは?

下町ロケットは、人気作家の池井戸潤さんが手掛けた小説を原作にした作品です。2015年10月期にTBSで放送されて高視聴率をマーク!阿部寛さん扮する佃製作所社長が、ロケットへの憧れを追い続けて大企業と戦う姿に感銘を受けた人も多かったです。今を時めく土屋太鳳さんや竹内涼真さんも出演していました。人気者になった2人ですが、2018年の続編にも登場することが発表されています。

2018年版ドラマ下町ロケットのあらすじは?

下町ロット2なので、原作の下町ロケット2ガウディ計画が原作ではないかと思っている人も多いでしょう。しかし、実は以前放送された番組は下町ロケットと下町ロケット2ガウディ計画がミックスされた内容でした。今回は、3作目に当たる下町ロケットゴーストが原作として登場します。

下町ロケットゴーストでは、佃製作所の活躍が農作業の分野まで進出していくあらすじです。2015年のドラマはロケット開発や宇宙がテーマでしたが、続編では身近なより身近な農業がテーマになっていてより高視聴率も期待できるでしょう。

2018年版ドラマ下町ロケットのロケ地は?

続編のドラマは、農業がテーマということで米どころの新潟県燕市でロケが行われることが明らかになりました。

新潟県燕市といえば、新潟県のセンターに位置する場所!今回物語のキーマンである立川談春さん扮する殿村直弘の実家として描かれるようです。阿部寛さんもロケで足を運ぶ事が予想されます。関連したイベントも行われるということなので、もしかすと下町ロケット米なども登場するかもしれませんね。

続編の下町ロケットにも注目!

下町ロケットの原作続編「 ヤタガラス」も秋に発売予定です。この秋は、下町ロケットで盛り上がること間違いないでしょう。放送が待ちきれません。

おすすめ記事

429 Too Many Requests
http://yuyumamama1.com/1062.html
429 Too Many Requests

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント