母の日2019にカーネーション以外の花を義母にプレゼントしてみよう!最新おすすめまとめ

生活

2019年の母の日は、5月12日の日曜日です。毎年カーネーションを送っているという家庭も多いはず。私も義母の好みが分からず、毎年同じようなカーネーションをプレゼントしています。ここでは、2019年こそマンネリを脱却したいというお嫁さんにおすすめのカーネーション以外の花を紹介していきます。

スポンサーリンク

義母へのプレゼントにおすすめ!母の日2019年におすすめのカーネーション以外の花

ここからは、義母におすすめのカーネーション以外の花を紹介していきます。変わり種を狙う人は参考にしてみて下さい!ガーデニングが好きな人は鉢で、苦手そうな人には花束で渡すと嫁の評価もあがるかも!!

①あじさい

あじさいは、母の日のある5月におすすめの花です。小さく可愛い花が沢山連なっているので、嫌いだという人は少ない花ではないでしょうか。あじさいは、色によって花言葉が違うので注意です。例えば青いあじさいはメジャーですが、冷淡という意味があります。義母が花言葉に詳しい人だとちょっと気まずいかも(笑)おすすめは、元気な女性と言う花ことばのピンクや赤紫のあじさいがおすすめです。

②ダリア

ダリアは、色の種類が多く花言葉も母の日にぴったりな花です。バラと違って嫁が渡しやすいという点もおすすめポイント。白のダリアは感謝、赤のダリアは華麗と言う意味合です。花束にして渡せば、結構喜んでくれるのはないでしょうか。母の日は旬とは言えない花ですが、花を育てることが好きな義母にはおすすめです。

③夫の誕生花

毎年マンネリという人は、義母の息子=夫の誕生花をプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。季節によっては手にはいらないものもあるでしょうが、夫を生んでくれてありがとうと言う気持ちをアピールすることが出来ます。息子大好きな義母であれば、喜んでくれるでしょう。夫から渡してもらうと完璧です。(笑)

④フェイクグリーン

花を育てるのが苦手だったり、忙しい義母にはフェイクグリーンをプレゼントするのがおすすめです。フェイクグリーンの中には、抗菌や消臭効果など実用的な機能が付いているものもあります。私も実際にトイレやキッチンでフェイクグリーンのアイテムを使っているのですが、消臭効果はあるなという感じます。もう生花はいらないと言われた人は、手に取ってみましょう。

義母にもカーネーション以外にの花を送ってみよう

義母への悩みのプレゼントですが、いつもカーネーションを送っているという人は少し変化球で別の花を試してみましょう。義母のご機嫌も取れて良い嫁アピールが出来ますよ!

おすすめ記事

敷地内同居とはメリットが無い!?実際に住んでみて感じた3つの辛いこと
敷地内同居しようかなと悩んでいる人は、できるならやめておいた方が良いです。私は、敷地内同居をしていてとても後悔している嫁です。ここでは、同じことにならないようにこれから敷地内同居で辛いと感じたことをまとめてみました。敷地内同居とは?敷地内同
母の日のカーネーションを自分で育てよう!種まきから育て方のポイントまとめ
母の日のプレゼントのカーネーションを種や苗から育ててプレゼントしてみませんか。本当に真心がこもっていて喜ばれるはず。ここではカーネーションの育て方をご紹介しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント