ダイニングの照明の選び方って?高さや明るさ、子どもが勉強する時には?

家事
スポンサーリンク

ダイニングの照明って何が良いの?

家族が集まる場所であるダイニング!新生活を始める人や家の雰囲気を変えたいという人はダイニングの照明で悩んでしまうという場合も多いのではないでしょうか。家のダイニングにおすすめの選び方について詳しく調べてみました。

ダイニングの照明にはペンダントやスポットライトがおすすめ

おしゃれなダイニングにしたいなら、円盤型の照明器具「シーリングライト」を使うよりもペンダントやスポットライトになっているものを選ぶと良いでしょう。ペンダントやスポットライト型の照明器具は選ぶ人のセンスが出ます。選ぶ際のポイントとしては、埃がたまりにくいもの、部屋の雰囲気にあったデザインのものをチョイスするようにしましょう。

ダイニングテーブルの照明の高さはテーブルからの距離を意識!

お気に入りの照明が見つかったら次は設置です。シーリングライトが付いている場合には取り外し、引掛シーリングに新しい照明を取り付けるだけでOK。高さは、テーブルからペンダントライトなどの先が90cmほどになる位置にセットします。照明のコードで高さを調節すると良いでしょう。なるべくダイニングテーブルの真ん中にくる位置にセットすれば、影ができにくく料理も美味しそうに見えます。ダイニングテーブルが長い場合には、ペンダントライトの数を増やすと良いでしょう。小ぶりのものを2つほど並べるととてもおしゃれですよ。

ダイニングテーブルにふさわしい照明の明るさは?

ダイニングテーブルを食事メインで利用するという場合には、テーブル全体が照らされるような明るさのものを選ぶことをおすすめします。またダイニングテーブルの照明にはオレンジ色の光がでる電球色を使うとより料理が美味しそうに見えます。一般的な青白い色合いでは食欲が出ないという場合もあります。

ダインングテーブルで子どもが勉強する時に気を付けたい照明のこと

最近話題のダイニングで勉強させるという教育法。実践されているご家庭も多いのでは。子どもが勉強する時には食事が美味しく見えるというダインイングの照明でおすすめのペンダントライトでは、手元がやや暗いケースも。子どもの視力が心配という場合には、電気スタンドを利用したり照明の明るさを調整できる電球を購入しておくと安心です。

ダイニングテーブルの照明まとめ

ダイニングテーブルは基本的に食事をするところという場合には、暖かみのあるオレンジで他の照明よりも明るさを絞ったものを利用しましょう。子どもが勉強するというご家庭ではプラスアルファーの対策をしっかり取っておきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント