夏休み子ども科学電話相談2019はいつ放送? 聞き逃した場合は?面白い伝説会は本に?

エンタメ

夏休みといえば、大人のラジオ好きも大好きな「夏休み子ども科学電話相談」がラジオ放送される季節ですよね。私もたまたま聞いてみて結構面白かったので2019年はいつ行うのかと言うことが気になって調べてみました。

スポンサーリンク

大人もハマる夏休み子ども科学電話相談とは?

夏休み子ども科学電話相談は、NHKのラジオ第1放送で放映される番組です。実は開始は、1984年からと言う長寿番組。基本的には、子供の素朴な疑問に科学のプロの先生が答えるというものです。夏休みだけでなく、冬休みも行っています。

夏休み子ども科学電話相談の魅力とは?

①子供向け番組だけど出演者はその道の第一人者

子供向け番組だからと侮ることなかれ!子供の科学相談に応えてくれるのは、昆虫図鑑好きなら知らない人はいない丸山宗利さんやティラノサウルス等恐竜の研究をされている小林快次さんです。大人が聞いても面白いなと言う話を分かりやすく語ってくれます。

②生放送ならではスリリングさ

実はこのラジオ放送は、生放送です。そのため、子供が緊張して上手く話せなかったり、すごい先生にため口を使い始めたりして驚きの連続!そして事前にだいたいの質問内容は聞いているとおもうのですが、予測不能な子供の質問を上手くまとめる先生と進行役のアナウンサーの力量に驚きです。

参加するには

メールか電話で受け付けがあります。対象は、未就学児、小学校から中学校の子供ということですね。子供が科学に興味を持つきっかけだったり、すごい先生と話し出来たということやラジオに出演したなど最高の夏の思い出になるのではないでしょうか

夏休み子ども科学電話相談2019はいつ放送?

調べてみましたが、まだ未定のようです。ただ2018年の放送から推測すると、高校野球などが無い時期の7月の後半から8月頭と8月23日から30日の土日以外ではないかと推測されます。放送時間は、同じく朝8時5分からではないでしょうか。

夏休み子ども科学電話相談を聞き逃した場合は?

放送時間が分かっていても、大人は仕事などでずっと聞いてられないことありますよね。その場合は、どうしたらいいのでしょうか。

①聞き逃しサービスらじる★らじるなどを利用する

らじる★らじるは、NHKが行っている聞き逃しサービスです。ただ公開期間が決まっているので、なるべく早い時期に聞かないと聞けなくなる可能性があります。radikoはNHKが聞けるようになっていますが、2019年度に関して配信があるかどうかは現段階では不明です。

②書き起こしを利用する

らじる★らじるも聞けなかったという人は、NHKラジオブログから文字で夏休み子ども科学電話相談を楽しむことが出来ます。これは、生放送らしいドキドキ感は薄れますが、名作がピックアップされているのでおすすめです。ただ選ばれた質問しか掲載されていません。私のおすすめは、

「昆虫には心がないのは、ほんとう?」という子供だからこそ質問出来る難しい内容です。

③本を購入する

そもそもラジオでゆっくり聞くことが出来ないという人は、夏休み子ども科学電話相談は書籍化しています。選び抜かれた伝説回が、収録されています。

**3月16日追記**

春からレギュラー番組になるそうです。NHK第1で日曜日の10時5分から放送されるそうです。でも出来れば、夏休みの期間はスペシャル番組として毎日放送してほしいですね!

大人こそ夏休み子ども科学電話相談を聞いてみよう

大人の方が考えさせられる名作が多い「夏休み子ども科学電話相談」。2019年の夏の放送も今から楽しみです。

おすすめ記事

心霊写真の作り方とは?トリックやスマホ作成方法まとめ!子供と一緒に撮影を楽しんでみよう!
3月7日に放送されていたEテレ「ろんぶ〜ん #15「幽霊」の中で、心霊写真を学術的に考えるという回が紹介されていました。実際にガチの心霊写真はとても怖いですが、トリックを用いて作成する方法があれば知りたいなと思う人も多いはず。ここでは、テレ
おかいつ秋元杏月が初代体操のお姉さんなのはどうして?福尾誠と同じコーナーを担当?
ついにNHKの「おかさんといっしょ」のよしひさお兄さんとりさお姉さんが、卒業してしまうそうですね。寂しい・・。3月29日からは、第12代目体操のお兄さんの福尾誠さん、初代体操のお姉さんに秋元杏月さんが選ばれたそうです。ここで気になったのが、
親子でラジオを聞いてみよう!子育て中のメリット3つ!
最近、らじるらじるやラジコで聞き逃しサービスを行っているラジオ番組!私も子育てしている中でテレビよりもラジオを付けていることが多いです。ここでは、私が感じた子育て家庭がラジオを聞くメリットを紹介していきます。子育て中にラジオがおすすめな訳①

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント