万葉集とは?理解したい人は奈良飛鳥に旅行に行ってみよう!

旅行

令和と言う元号が決まって、数日経ちましたがまだまだ盛り上がりを見せていますよね。今回の元号は万葉集を基に作られたということもあり、万葉集とは何かということをもう一度学びたい人も多いでしょう。そこでおすすめの旅行先が、奈良県飛鳥です。ここでは、おすすめのスポットを紹介していきます。

スポンサーリンク

奈良飛鳥に関係のある?万葉集とは?

万葉集とは、日本で1番古い歌集です。作られたのが奈良時代と言われているので、奈良の飛鳥や奈良県にまつわる歌も多いです。奈良では、JRの線路の名前が万葉まほろば線と付けられるなど、万葉集を身近に感じている人も多いです。

奈良県飛鳥とは?

飛鳥は、飛鳥時代に都が置かれた場所です。現在は、奈良県高市郡明日香村大字飛鳥周辺の地域のことを指します。他にもキトラ古墳や石舞台やなどがあり歴史ロマンにあふれる街です。テレビでも多く紹介されますが、奈良を訪れる人の多くは鹿のいる奈良市どまりになることが多いので、今後は飛鳥にも足を運んでみましょう。

万葉集の勉強をしたい人におすすめの飛鳥のスポット

それでは、いよいよ万葉集の勉強をしたい人におすすめのスポットを紹介していきます。

①奈良県万葉文化館

万葉集をメインとした文化施設として国内外に有名なのが、奈良県万葉文化館です。こちらでは、1万5千冊もの万葉集や古代に関する書籍があり圧倒的な存在感のある場所と言えるでしょう。軽く万葉集を学びたいだけという人であっても、人形やアニメなどで分かりやすく万葉集やその時代背景を解説してくれていて子連れにもおすすめ出来ます。

住所:奈良県高市郡明日香村飛鳥10

営業時間:10:00~17:30

定休日:月曜(祝日の場合は翌日の平日)

公式サイト

②犬養万葉記念館

この場所は、万葉集を研究した犬養孝氏をたたえて作られた記念館です。明日香村名誉村民としても有名で、地元の人からも愛されている存在です。無料で立ち寄ることが出来るので、気軽に万葉集のことについて学ぶ事が出来るでしょう。カフェもあるので、急に天気が悪くなってきた時などにもおすすめです。

住所:奈良県高市郡明日香村岡1150

営業時間:10:00~17:00

定休日:水曜日

公式サイト

万葉集ゆかりの飛鳥に行ってみよう

飛鳥には、他にも万葉集に歌われた場所が沢山あります。ぜひ、奈良に観光に行ったときは、奈良市からはやや距離がありますが訪れる価値がある場所と言えるでしょう。万葉集に世界を堪能する令和にしてみませんか。

おすすめ記事

429 Too Many Requests
429 Too Many Requests
429 Too Many Requests
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント