幼稚園バスと徒歩通園のメリット&デメリットとは?ママと子供が笑顔になれる園選び!

子育て

幼稚園選びのポイントとして、バスが利用出来るかどうか悩んでいる人も多いでしょう。さらに、バスの無い幼稚園の場合は、徒歩通園しなくてはならない時もあるでしょう。ここでは、双方のメリットとデメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

幼稚園バスのメリット&デメリット

幼稚園バスとは、幼稚園が提供するバスのサービスです。主に私立の幼稚園で利用されることが多いです。アンパンマンのイラストがあったり、子供の興味を引くような仕組みも取られています。保護者は原則として、自宅やその近くのバス停までの送迎となることが多いでしょう。

メリット

それではまずメリットについて紹介していきます。

親は楽

徒歩通園と違い、親は自宅近くまで送れば良いだけなのでとても楽です。自分の時間が長く取れるので、家事や仕事をしているママにとっては魚良いでしょう。雨の日などもバスで行ってくれるので、濡れずに済みます。

子供は楽しい

バスに乗れば友達がいるという状態は、子供にとって楽しいでしょう。さらに乗り物が好きな子にとっては毎日プチ旅行気分を味わえるはずです。

自分でやる力が早くから付きやすい

園に付いた時には、もう先生と友達がいる環境が整っています。そのため、自分で服を着替えたりすることは自分の力でやろうという気持ちが早くからめばえやすいです。

デメリット

それでは、デメリットを紹介していきます。

お金がかかる

バス代だけでかなりの金額が掛かるケースもあります。兄弟姉妹がいる場合でも、同じ料金がかかるので経済的な負担は大きいです。そのためバス通園出来る場合も、園まで親が送っているという人もいます。

事故などが心配

幼稚園バスの運転手は、通常のバス以上に慎重な人が多いです。しかし、完璧ではないので事故が起こってしまうことも多いです。

徒歩通園のメリット&デメリット

徒歩通園とは、親が幼稚園まで送っていく方法です。自転車などで送る場合もあります。公立の幼稚園や自宅から幼稚園が近い場合に多いパターンです。

メリット

それではまずメリットについて紹介していきます。

先生と話ししやすい

親は毎日幼稚園に行くので、気になったことを先生に聞きやすいです。子供の様子もうかがい知れるので、心配なことがある人は徒歩通園もおすすめです。

体力が付く

親も子供も体力が付きます。そのためあえて徒歩で行くという人もいます。また公立の幼稚園の場合は、近くに小学校があることが多いので小学生になった時にも楽々通学出来るだけの体力が付くでしょう。

交通ルールを学べる

毎日歩く道の交通ルールを知ることで、安全に街を歩くことに繋がります。

デメリット

それではデメリットです。

雨の日は大変

雨の日は徒歩通園はとても悲惨です。雨の日だけは車で送るという人も多く、対策を取る必要があります。

子供が幼稚園につくまでに疲れる

体力の無い入学したばかりの子は、幼稚園に到着するまでに疲れていしまうこともあります。

幼稚園バスと徒歩通園のメリット&デメリットを知ろう

双方にメリットとデメリットがるので、慎重に考えましょう。毎日のことなので、親と子が笑顔になれる方法が良いですね。

おすすめ記事

301 Moved Permanently
429 Too Many Requests
幼稚園の入園式はおばあちゃんは呼ぶべき?おすすめの祖父母の服装は?
幼稚園の入園式でおばあちゃん、おじいちゃんを呼ぶべきなのかかなり気になりますよね。ここでは、実際に幼稚園に入園式に祖父母を呼ぶべきなのかどうか、実際に式に参加して感じたことをまとめていきます。幼稚園の入園式はおばあちゃんは呼ぶべきなのか?お

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント