引越しの価格が気になる人必見!激安になる方法はある?見積もりの一括比較を体験した口コミも!

生活

新生活で家族で引越しをする人も多いはず。出費の多い季節なので、引っ越しの費用は出来るだけ低くしたいところです。引越しの費用について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

引越しの価格の相場ってどのくらい?

引越しの費用を出来るだけ抑えたいと考えるママも多いはず。引越しの費用の相場は、時期と距離によって左右されます。時期については、2月・3月・4月がやはり高め。4人家族の場合、約7万円ほど他の時期に比べて高くなるという場合もあります。距離が遠くなればなるほど、引っ越し料金の明細にある運賃が高額に。同じ市町村での引越しの場合には10万円程度であっても、500kmを超える引越しの場合には20万円を超えることもあります。

引越しの料金を安くする方法って?

①時期をずらす

引越しの繁忙期を避けて、通常期と呼ばれる5月から1月にかけて引越しすると同じ業者・場所に頼んでも安く引越しすることが可能なことが多いです。ただし急な転勤などでは間に合わないこともあります。

②仏滅を選ぶ

六曜の暦を気にしないという人はあえて仏滅を引越しの日に選ぶというのもおすすめ。大安などに比べて1万から2万円程度安くなるケースもあるそうです。暦を気にするという人は、大安などに自分で持ち運べそうな物を持っていくと◎。引越しとは物を最初に部屋に移した日を指すようです。この法則から行くと大半の荷物を仏滅に運んだとしても最初に荷物を大安に入れたので、ゲンを稼げるのだとか。引越しの日が選べないという人も参考にして下さい。

③引越し業者の見積もりを比較する

引越し業者に見積もりを取って比較するというのも料金を安くするポイントです。一括で引越しの見積もりを取れるサイトもあるので利用してみましょう。複数の引越し業者がやって来て見積もりを取ってくれます。そこで一番安い業者を選ぶと良いでしょう。

引越し業者の一括見積もりを体験した私の感想

この方法は見積もりが比較できることや他社の提示した金額と比べることができるというメリットがあります。一番安い金額でお得に引越しが出来たと思います。しかしデメリットもあります。引越し業者が家に何社もやってくるので、対応が大変です。まずサイトに登録してからスマホの電話が鳴り響いて大変でした。さらに私の場合は長女を妊娠中で体調がわるかったので、正直大変でした。今小さい子供がいる場合に来られてもちょっとしんどいなという感じです。今この場で決めて下さいと言われる会社もありました。押しが弱いという人にとっては、1社目で決めざる負えない状況になるかもしれません。

引越し費用を安くする方法まとめ

引越しの費用を安くしたいなら5月から1月の仏滅がおすすめです。一括見積をとる場合には、メリットとデメリットもあることを頭に入れておきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント