サマンサタバサのLaraに学ぶ!習い事の必要性と親の教育方針!

子育て

サマンサタバサの最年少デザイナーのLaraちゃんってご存知ですか。わが子もLaraちゃんのように成功させたいと思っている親も多いはず。ここではどんな習い事をしていたのか、気になる教育方針を調べてみました。

スポンサーリンク

12歳のサマンサタバサのクリエーターLaraちゃんのプロフィール

Laraちゃんは2005年6月18日うまれ。現在は、小学6年生ですね。わずか12歳で人気ブランドサマンサタバサと1000万円という破格の金額で契約したそうです。学校は東京にあるインターナショナルのフレンチスクールに通っていて、英語、フランス語、日本語と3か国語話せるそうです。インスタでも大人気で、8万人を超えるフォロワーがいるのだとか。紗栄子さんやローラさん、小嶋陽菜さんなどのインスタにも登場し話題になりました。最近ではミヤネ屋に出演し話題になっています。

サマンサタバサデザイナーLaraちゃんってどんな習い事をしているの?

12歳でサマンサタバサのデザイナーに大抜擢されるくらいだから、どんなに凄い習い事をしているのかと気になりますよね。実は、習い事などは一切していないそうです。絵画教室などに通っていたのかなと思っていましたが違うようですね。ただしDOSQAのクリエイティブディレクターとしてブランドを発信しているデザイナーの三浦大地さんに時々絵を教えてもらう機会などはあるようです。型に当てはまった習い事よりも、その道のプロに教えてもらう方が子供としてはのびのびと活躍できるということでしょうか。

サマンサタバサデザイナーLaraちゃんの親の教育方針は?

Laraちゃんのご両親も有名で、お母様はウェディングの企画や製造、販売を手掛けている株式会社フォーシス アンド カンパニーで取締役副会長を勤めているそうです。お父様は同じ会社で代表取締役会長をしているのではないかと言われています。ご両親の仕事柄海外に行くことや美しいドレスに接する機会も必然的に多く、感性が磨かれたのでしょうか。

教育方針もユニークで何よりも睡眠を大事にしているそうです。宿題か睡眠かと言われると睡眠の方を優先し、早く寝るようにと声を掛けるのだとか。寝る子は育つという言葉を実践しているということですね。またテレビは一切見せないのだとか。自由な発想を得るためにはメディアと接する機会についても考えた方が良さそうですね。

 

Laraちゃんのような子が育つ教育方針まとめ

自由な発想が求められる世界のデザイナー。小さなころから習い事よりも一流に触れさせ、テレビなどのメディアと接する機会を少なくすると良いのかもしれませんね。そしてなにより睡眠が大事!たっぷり夢の中でクリエイティブな考えを身に付けて欲しいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント