凪のお暇の作者コナリミサトの珈琲いかがでしょうも実写化してほしい!おすすめポイントまとめ

エンタメ

凪のお暇のドラマ盛り上がっていますね。私は凪のお暇の作者コナリミサトさんの漫画の絵や内容が好きなのですが、同じくコナリミサトさんが手掛ける「珈琲いかがでしょう」という漫画も実写化してほしいし多くの人に知ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク

「凪のお暇」の作者コナリミサトの作品「珈琲いかがでしょう」とは?

珈琲いかがでしょうは、「凪のお暇」の作者コナリミサトさんが手掛けた漫画です。ジャンルとしては、ヒューマンドラマと言った所でしょうか。 2018年にはタテアニメ化されて話題になりました。もし次コナリミサトさんの作品が映像化されるのであればこの漫画を希望したいです。

「珈琲いかがでしょう」のあらすじやネタバレ内容は?

珈琲いかがでしょうは、幸せを運ぶ移動珈琲屋を舞台にした心温まるストーリーです。温厚そうな青年青山一が提供する珈琲の美味しさや名言に人々のささくれ立っていた気持ちが楽になっていく様子が描かれています。ただ人の好さそうな青山一にも、驚くような過去があってという内容で、全3巻です。登場人物の中には、悩みが共感出来るという人も多いでしょう。

「珈琲いかがでしょう」の魅力

①店主の青山一

優しく丁寧で敬語で珈琲を入れるのが上手い店主ですが、何やら秘密を抱えて移動販売をしながら街を転々としている様子です。周りの人を救うことの多い彼が、救われるにはどうなるのかということが気になって一気に漫画を読んでしまいました。イメージは若い時の速水もこみちなのですがどうでしょうか。影のある役が似合う佐藤健さんなども実写化するなら演じて欲しいです。中村倫也さんも青山役よさそうですよね。

②内容が深い

可愛い絵柄でポップな雰囲気がする漫画ですが、人生とは何かや幸せとは何かについて考えさせられる内容です。これは「凪のお暇」にも通じるところがあるのではないでしょうか。最終回前後は、涙なしでは見ることが出来ないでしょう。

③読みやすい

移動販売車が舞台なので、街を移動するたびに店主以外の登場人物が変り物語が始まります。どの回から読んでも魅力があるので、手軽に読める作品ではないでしょうか。

「珈琲いかがでしょう」が実写化に期待

「凪のお暇」が大人気なので、「珈琲いかがでしょう」の実写化にも期待大です。電子ストアなどでも読むことができるので機会があれば読んでみて下さい。「凪のお暇」好きならきっと気に入ってくれること間違いなしです。ドラマでは難しいかもしれませんが、映画化に期待です。

おすすめ記事

 

ルパンの娘が好きな人におすすめ!怪盗と警察が出てくるおすすめの人気作品5選
深キョン主演のルパンの娘面白かったですね。怪盗と警察の禁断の恋というのがとてもドキドキして、今後の展開が気になります。そこでここでは、ルパンの娘が好きだなと感じた人におすすめのドラマや漫画、小説、アニメなどを紹介していきます。これを機会に非

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント