チャットワークの無料版と有料版の使って感じる違い!在宅ワーカ必須アプリ!

生活

chatworkが上場したことが話題になっていますよね。私も在宅ワークをしているので、クライアントとはチャットワークでやり取りすることが多いです。ここでは、在宅ワーカーの主婦がチャットワークの無料版と有料版の使って感じる違いについて感じることをまとめてみました。

スポンサーリンク

チャットワークとは?

チャットワークは、チャット機能があるアプリです。ラインなどに似ている感じがしますが、ファイルなどを簡単に添付出来ることもあり、ビジネスなどで多く利用されています。特に在宅でライターなどをしている人は、クライアントからチャットワークでやり取りしようと言われることが多いです。基本的には無料で使えて、アプリ版もあります。参考→https://go.chatwork.com/ja/

チャットワークの無料版と有料版の違い

チャットワークは、基本的には無料で使えます。しかし、有料版もありより良いサービスが提供されています。私はパーソナルという月400円のコースに契約しています。

無料版で主に出来ること

①コンタクト無制限

②累計14グループチャット

③1対1でのビデオ通話/音声通話

有料版で出来ること

①コンタクト無制限

②グループチャット無制限

③複数人でのビデオ通話/音声通話

有料版を使うことになった経緯&メリット

恐らく初めてチャットワークを始める人は、無料版で十分だと思います。コンタクト無制限だし、在宅の場合は1対1でのビデオ通話/音声通話もほとんど使うこともありません。あまり手広く仕事をしない場合は、累計14グループチャットでも十分でしょう。しかし、私は長年在宅ワーカとして活躍しているので、もう契約が思わってしまったクライアントとのコンタクトも残ってしまっているので14グループチャットを超えてしまいました。

そのため有料版を使っています。個人的には、あまり無料版と変わらない印象なので、グループチャット無制限かどうかの違いしかないかなという印象です。ただ、有料版の場合は、広告が表示されないらしいのですっきりしているのかなという程度です。無料版の時も広告などはあまり気にならなかったので、微妙ですが・・・。

チャットワークの無料版と有料版の使って感じる違いはあまりない

個人的には、あまり有料版と無料版の違いは、グループチャットがどのぐらいできるかだけの違いのような気がします。今後上場したことで、サービスなども変わっていくのでしょうか。今後のchatworkに期待したいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント