アンパンマンのキャラクターでバイキンマンが苦手な女の子3選

子育て

みんな大好き子供向け長寿番組やなせたかしの絵本を原作にした「それいけ!アンパンマン!」。その悪役で、みんなを困らせてばかりのバイキンマンですが、実はドキンちゃん以外にも実は苦手にしている女の子キャラクターが多いことを発見。その中でもかなり苦手そうな女の子のキャラクターを厳選してご紹介。どうして苦手なのかも考えてみました!

スポンサーリンク

宝塚風でかっこいい女の子のキャラクター:「しらたまさん」

 

しらたまさんは、関東地区では2003年3月21日放送で初めて登場した比較的新しい女の子のキャラクター。アンパンマンの新しい仲間コンテストの原案をもとに作られたキャラクターです。まるで宝塚歌劇団の男役のようなミュージカル女優です。どきんちゃんやメロンパンナちゃんを舞台の相手役に選ぶなど、他のアンパンマンキャラクターを巻き込んで、舞台を開催することが多いです。しらたまさんにとって世界の全てがお芝居!バイキンマンのことも、悪役に徹底していると勘違いしています。

 

 なのでお決まりのアンパンマンとバイキンマンのやり取りも舞台を盛り上げる演出と考えているようです。バイキンマンのことを演技上手だと心から思っているみたいですね。バイキンマンは自分のことを必要以上に評価してくれるしらたまさんが苦手な模様。なおアンパンマンのことは芝居下手だと思っているしらたまさん。アンパンマンもしらたまさんに会うと、演技のことをグチグチ言われるので苦手そうです。

 

余談ですが、年子ママはしらたまさんのキャラクターソングが大好きです。「しろ~それはしらたまのいろ~」と始まるミュージカル風の曲で歌うとすっきりします。いやいやいう娘にストレスがたまると、お風呂で大声で歌ったりします

 

バイキンマンはピュアなおくらちゃんがいると親切な人を演じないといけないと思い、かなりやり難そう。純粋なおくらちゃんに振り回されている姿は、逆にバイキンマンが可哀想になってきます。ドキンちゃんを始め、バイキンマンは女の子のキャラクターに振り回されるという役周りなのでしょうか。バイキンマンは自分は良い人だと思われるのが苦手なようですね。

 

おくらちゃんを見ていると、女の子の涙ってやはり効果があるのねと思ってしまいます。結構頼み上手で、カレーパンマンとバイキンマンに畑仕事を手伝ってもらうというシーンもありました。バイキンマン、頑張れ。

 

 

バイキンマンが苦手な女の子のキャラクターまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント