ウルトラマンタイガ25話(最終回)を見た感想!【ネタバレあり】

エンタメ

ついにウルトラマンタイガ最終回を迎えましたね。息子も大好きなタイガ。24話から物語が急展開したのでどうまとめるのかなと思ったのですが、最終回が綺麗にまとめられていました。ここでは、タイガの最終回を見た感想と個人的に気になるキャラだったトレギアについて考えをまとめてみました。ネタバレを含むためまだ最終回を見ていない人は要注意です!あと個人的な考察なので、こんな意見もあるのだなと温かく見守ってもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

ウルトラマンタイガ25話(最終回)バディ ステディ ゴーを見た感想!

①多様性について

タイガを通してのテーマだったと思うですが、宇宙人と地球人の共生、多様性が綺麗過ぎずに描かれている点が魅力的だなと思いました。自分と違うというだけで敬遠してしまうということってどんな人にもありますよね。最終回では、ピリカの思いにマグマ星人とマーキンド星人が協力を申し出、一緒にウーラーとピリカを救う作戦に協力してくれたところは良かったなあと思いました。子供達の心に今回のウルトラマンタイガのことが残っていて、自分とは考えや立場の違う人と共に生きるにはどうすればいいのかということの参考にしてくれたらいいな~

②E.G.I.S.チームの暖かさ

E.G.I.S.は本当に良い組織だと思います。ヒロユキがタイガであることがばればれのようでしたが(笑)カナ社長の懐の広いこと!カナ社長がいたから、ピリカもホマレも救われたのですよね。特にピリカは24話で突然アンドロイドであることを明かされて、びっくりしたキャラでした。カナ社長見たいな上司がいる会社の転職したいです。

③ヒロユキとタイガ達の絆

タイガでは随所随所に妖精サイズ?のタイガ達が登場していてとてもかわいかったです。タイガも当初はタロウの息子ということでまだ少年だなと感じるところが多かったのですが、物語が進むにつれて成長を感じました。最後トレギアの力をウーラーのお腹を一杯にする力に利用したところは、感動しました。そしてトレギアにタロウと呼びかけられても「俺はタロウの息子、ウルトラマンタイガだ」と答えていた所は、しみじみしました。

④最終回のトレギアについて

今回敵役だったトレギア。私はタイガ以上にトレギアについて興味がありました。むかつく言動も多かったですが、もう今回これで最後なのかなと寂しいです。劇場版には出てきてくれるのでしょうか。最終回のトレギアの言動で気になった所をまとめてみました。

ウルトラマンも宇宙人だとあざ笑う

宇宙人を排除しようとしていた地球人がタイガが出てきて応援するシーンでも霧崎。このセリフは、とても深いなと思いました。自分に都合の良い物はOKだけど、敵対している物は駄目というのは、一理ありましたよね。

タロウとトレギア

トレギアはやはりずっとタロウを意識して過ごしていた存在で、光をバッグにしたタイガをタロウだというシーンはトレギアの最後に相応しいのかなと感じました。タイガは「俺はタロウの息子、ウルトラマンタイガだ」といっていましたが、トレギアには聞こえていたのかな?最後タイガのクワトロスクワッドブラスターも避けようと思えれば、今までのトレギアを思えば避けれたはず。(まあ最終回だけど笑い)それを笑って受け止めて散っていったのは、やはりタロウに倒されたいという気持ちがあったのかなとも思ったり。。。

ウルトラマンタイガ面白かった!ありがとう

(以前タイガーのショーで撮影した写真。写真OKの時間にとりました。)

ピリカの設定などウルトラマンタイガの最終回を踏まえたうえで、もう一度見返したいなと思うウルトラマンタイガ!さらにまだまだウルトラマンタイガの世界は劇場版などに続いていくと思うので楽しみです。

.

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント