黄色帽子のあご紐を手縫いで簡単に付ける方法まとめ!不器用でもなんとかできた!

子育て

娘が園で使っている黄色帽子ですが、よくあご紐の部分を噛むためまだ1年もたっていないのにビロビロになってしましました。かなり不器用な私ですが、そろそろ手直ししてあげないといけないなと思ったので、いろいろ調べて実践してみたところ何とかできたのでやり方をまとめてみました。黄色帽子のあご紐を手縫いで付け替える

黄色帽子のあご紐を簡単に手縫いで付け替える必要な物

①針、糸、はさみなど

針はいつも使っているメリケン針を使いました。糸は黄色帽子なので、黄色が良いかなと思って黄色にしましたが、目立たない色であればいいと思います。はさみは糸切りばさみだけでなく、ゴム紐が切りやすいはさみもあると便利でした。

②替えのあご紐

付け替えるあご紐は、100均で用意しました。我が家の近くの100均には、ジャージ用やスモック用と書かれたゴム紐はあったのですが、帽子用あご紐と明記されたものはありませんでした。元々黄色帽子についているゴム紐は細かったので、100均で販売されている一番細いゴム紐を購入しました。後々調べると8コールか6コールが良いみたいです。色は、白しかなかったため白にしました。黒でも良かったのかなと思っています。

一端ここまで用意して付け替えようとしたのですが、案外ゴム紐は内側まで縫い込まれていたため、無理・・・と思い調べるとボタンを使った方法があったのでそちらを試してみました。

③ボタン

ボタンも100均で購入しました。黄色帽子だったので、黄色に似た色にしました。サイズは、子供の帽子に合わせてなるべく小さなものを選びました。なにも考えずに4つ穴にしましたが、2つ穴の方が楽だったなと思いました(笑)どちらでもいいと思います。

スポンサーリンク

黄色帽子のあご紐を簡単に手縫いで付け替える方法

①ボタンを伸びたゴムの根本に縫う

まずは、ボタンの手縫い方法から不安があった私。youtubeでボタンの付け方を検索してなんとかつけました。参考動画も紹介していきます。

この時はまだ伸びたゴムは、切らない方が場所が分かりやすいです。さらに私は万が一失敗した時の保険として、伸びたゴムは最後に切りました。

②新しいゴム紐をボタンに結び付けていく

ボタンの縫い付けが終わったら、ゴム紐の先を輪にしてをボタンに結びます。そして娘の顔の大きさに調節して、片方もボタンと結べば完成です。このゴム紐のカットが糸切りばさみでは難しかったです。また結構取れないように結んだのですが、ゴム紐の先が長くて帽子を被った時に見せてしまっていたのでカットするのに苦労しました。

あご紐を手縫いでつけるのは案外簡単

不器用過ぎる私ですが、この方法を使えば何とかなりました。忙しい方でも案外簡単に出来るので、試してみて下さい。

おすすめ記事

入園準備にミシン購入は必要ではなかった!無くてもなんとかなります!
入園準備にミシンを買おうか迷いますよね~私もそうでした。しかしミシンは案外高い。我が家はなんとか買わずに乗り切れたので、ミシンを買うかどうか悩んでいる人の参考にしてみて下さい。入園準備にミシン購入は必要?手作りにこだわらなければ不要入園準備

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント