車検代が高い!お世話になっている営業担当の人と気まずくならないように少しでも安く済ませるには?

生活

先日我が家の愛車が、車検でした。給付金が、車検代に消えてしまい悲しい気持ちに・・。車検代は車の維持費の中でも、特に大きな出費になりますよね。少しでも安く済ませたいけれど、営業担当の人と気まずくなりたくない場合どうしたらいいのか考えてみました。

スポンサーリンク

車検代が高い!安くする方法は?

①自分で車検する

ユーザー車検は、整備代や手数料がかからない車検を安くする方法の1つです。車に詳しいという人は、手間がかかりますが、ユーザ車検をすることもいいかもしません。(参考

ただし、知識がない人(私もです)がチャレンジするには、ハードルが高い気がします。車の安全性や手間を考えれば、できないですよね。

②車検が安い場所にお願いする

車を購入したディラーで車検をお願いしている人も多いと思います。ただディラーの車検は高いと言われています。そのため、そもそも車検が安い業者を探すこともおすすめです

ただこの方法だと、いつもお世話になっている営業の人が「車検どうですか?」と聞いてきたい場合は気まずくなりそうですよね。私も気が弱いのでなかなか変えられないです。

③車検の支払い方法の見直し

やはりいつもお世話になっている所で車検をお願いしたいという人も多いと思います。その場合は、車検方法の支払い方法の見直しをすることがおすすめです。最近では、現金以外の支払いの選択肢がある業者も増えてきました。

車検をお願いする際は、カードやPayPay払いができないか聞いてみることがおすすめです。ポイントが貯まるため、ポイント分はお得になるのではないでしょうか。

ただし法定費用の支払いは現金だけでお願いという場所も多いようです。(私がお願いしているところもそうです。)

④車検時の見積もり点検をおこなう

車検の時に、車の安全に関することは削減できませんが、水をはじくコーディングや車の掃除など自分でもできそうだなと思うプラスアルファ―のサービスはカットしてもいいかなと思います。代車も不要なら断ってもいいかもしれません!

さらに車検の際によくわからないメンテナンスパックの加入を進められることもありますよね。こちらも加入するかどうかはユーザーの自由だと思うので、即決せずよく考えてみることもいいと思います。

懇意にしている営業の人がいる場合は、メンテナンスパックについて詳しく説明をお願いしてもいいでしょう!

車検代を見直そう!

分からないことが多いためついついお任せしてしまうことが多いですが、この機会に見直してみてもいいと思います。

親しい営業の人がいれば、車検をお願いしているお店を変えることも難しいですよね・・。ただその場合でも少しでも安くする方法はあると思いますので、諦めないようにしたいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント