運動会が2020年以降は激変する可能性大?親として思うこと!

子育て

子どもの運動会が、この度の世界的な事態で例年とは違った形で開催されことが決まりました。なんとも残念ですが、この機会に運動会の慣習を見直してみてもいいかもしれませんね。運動会について個人的に思うことをまとめてみました!

スポンサーリンク

運動会は2020年を境に大幅に変わる?

子どもが通っている園や周辺の小学校の一例ですが、紹介していきます。秋に開催予定なのでそれまでに状況が変わるかもしれませんが紹介していきます。

運動会の開催が平日に

幼稚園や保育園、小学校の運動会といえば仕事が休みの人が多い土曜日か日曜日に開催していた印象ですが、平日に時間を短縮して開催して密を避けるようにするようです。また平日に開催することで、小学校や中学校などに通っている兄弟がいる家庭が安心して運動会を楽しめるような配慮もあったようです。

今はいろいろな働き方や都合があり、土日が必ず休みという家庭ばかりではないかと思います。誰に照準を合わせるのか難しい問題ですが、平日に開催することを試してみてもいいかなと思います。

見学できる大人の数が制限される

見学できる人は、同居家族の2人だけということに制限されました。毎年離れて暮らすおじいさんやおばあさんが来ている家庭では、寂しいかもしれませんね。ただ嫁の立場から言うと、義理両親が来ないということは大幅に楽になるような気も。。(笑)

密は避けないといけませんが、応援の声が小さく特別感などがないため、以前とは違った形の運動会になりそうですね。

種目が制限

運動会の種目が、大幅に制限されることになりました。組体操など密着するような種目は、NGのようです。ちなみに3歳児は、かけっこと密にならないダンスになるようです。ちょっと物足りない気もしますが、仕方がないですよね。

運動会の種目についても、この機会に見直してみてもいいかもしれません。私も苦手な種目もあったため、今までの慣習にとらわれずに変えてみてもいいのではないでしょうか。

運動会にも大変革が起こる?

2020年はすでにいろいろなことがありましたが、運動会も大改革がありそうですね。みんなが納得できる形で運動会がより良いものになっていけばいいなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント