国内最高気温に並ぶ気温が観測!世界の最高気温記録は?

生活

毎日、暑いですよね。国内最高気温タイの記録が更新されたということで、もううんざりですよね。国内でもこれぐらい熱いのだから、世界ではどのぐらいの記録が観測されたのかが気になりました。今後の暑さ対策も考えてみました。

スポンサーリンク

国内最高気温に並ぶ気温が観測

2020年8月17日、41.1℃が静岡県浜松市で観測されました。これは、2018年に埼玉県熊谷で観測された温度タイの日本観測史上最高の気温です。

もう人の体温よりも高いですよね。朝から暑くて、溶けそうです。ちなみに気象庁によると、最低気温の高い日本記録は、気象庁によると2019年8月15日に新潟県糸魚川で計測された31.3℃とのこと。(参考)この調子でいけば、最低気温の高い日本記録もそのうち更新されそうな気がします。

世界の最高気温記録は?

ちなみに世界最高気温記録は、公認されているものは1913年7月10日にアメリカ合衆国カリフォルニア州の砂漠地帯で観測された56.7℃だそうです。(参考)この記録の信ぴょう性に疑問を持っている専門家もいるようですが、日本の最高気温よりも15℃程度も高いのですね。

さらに観測されたのは1913年と、結構昔だという印象です。100年以上も記録が更新されていないたので、意外に思いました。

気になったので調べてみると、アメリカ合衆国カリフォルニア州の砂漠地帯では2020年8月17日54.4℃が観測されたようです。

この2020年8月17日の観測方法には異論を唱える人がいなければ、もしかすると2020年8月17日の気温が正式に認められた地球上で一番暑い日になるかもしれないという報道もありました。

いずれにせよ、世界レベルでの暑さになりそうですね。

国内最高気温も世界最高気温もかなり高い!

国内最高気温は、今後も更新され続けると思います。私が生きている間には、日本でも50℃近くが観測されるようになるのでしょうか。暑さ対策は、今までとは違った対策が必要だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント