洗濯マグちゃんを手作り!量やネットはどうすればいい?お風呂に入れる効果とは?

生活

我が家では先日から洗濯に洗濯マグちゃんを活用しているのですが、実家の母も使いたいということでし手作りにチャレンジしてみたいと思います。

その際に気になるのがマグネシウムの量やネットはどのようなサイズを用意すればいいのかという点ですよね。さらに洗濯マグちゃんをお風呂に入れるとどのような効果があるのかについても調べてみました。

スポンサーリンク

洗濯マグちゃんを手作り!量やネットはどうすればいい?

手作りする際、量は元祖の洗濯マグちゃんを参考にしてみることにしました。マグちゃん1個は約50gとのこと。

さらにご本家の洗濯マグちゃんでは

  • 水溶性液体と使う場合は1個でOK
  • 5キロまでなら2個
  • 7キロまでなら3個
  • 9キロまでなら4個

という感じです。我が家では酸素系漂白剤と洗濯マグちゃんを組み合わせて使っているため、なんとなく7キロ程度を洗濯マグちゃん2個で使用しています。それでも上手く洗濯できているため、問題ないかと思います。

ということは、マグネシウムの量は100g用意できればOKということですね。これならお手軽価格で済みそうです。

さらにネットは、100均で販売されている下着用の洗濯ネットを使っているという声が多かったため、ネットに関しては200円程度で用意できそうですね。さらに念のため100均のメッシュでできた内袋かゴミ取りネットを用意するという声もあったので、それでも400円ですね。かなりお財布に優しいです。

作り方も内袋にマグネシウムを入れて、洗濯ネットを入れてきつく縛るだけでOKです!不器用な私でもなんとか作れそうな気がします。

洗濯マグちゃんを手作り!お風呂に入れる効果は?

マグちゃんには、バスマグというシリーズも販売されています。バスマグは自宅で手軽に水素水入浴が楽しめるという優れもの。の。

先ほどの手作りしたマグちゃんも入浴の30分前にお風呂に入れれば、自宅がアルカリ水のお湯に早変わり!なかなか遠くまで旅行が難しい昨今ですが、お得に楽しいお風呂アイムが楽しめそうです!

洗濯マグちゃんを手作りしてみよう

案外簡単にできるので、洗濯マグちゃんの手作りをしてみるといいでしょう。手軽に試してみたいという場合に活用してみてください!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント