【スポーツの日】体育の日とは何が違う?2021年度以降10月の祝日はどうなる?

生活

2020年10月のカレンダーを見ると、祝日がないことに気が付きました!10月と言えば体育の日という印象が強かったのですが、そういえば2020年は7月ごろに該当する祝日があったなと思っていたのですが、名称が体育の日からスポーツの日に変わっていたことに今気が付きました!

なぜ名称が変わったのか、また2021年度以降も10月の祝日がないのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

スポーツの日/体育の日とは何が違う?

スポーツの日とは、内閣府のホームページによると

スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う

(引用元:(内閣府)

ようするに、スポーツを楽しむ日ということですよね。でも私の記憶では体育の日も同じような意味合いだったと思います。大きな変更点としては他者を尊重する精神や社会の実現をという点ですかね。自分だけでなく、みんな健康になろうということを強調したいのかなという印象を受けました。

今回名称が変更になった理由を調べてみると以下の3点が有力なのかなと思いました。

  • スポーツの方が体育よりも広い意味を持っているから
  • スポーツの方が自発的に楽しむことを含んでいる(体育だと体育の授業の印象が強いから?)
  •  スポーツは英語で体育よりも世界で通じるから

カタカナの国民の祝日は、スポーツの日が初ということだったので思い切った改革だったということですね。7月には全然気にしてなかったのですが、調べてみるとかなり深い意味があるのですね。

スポーツの日/2021年度以降10月の祝日はどうなる?

スポーツの日は、2020年は7月24日でした。こでは、もともと2020年の東京オリンピックの開会式の日でした。ただ、例の世界的なことで2021年に延期になりましたよね。

その結果2021年も7月23日がスポーツの日に制定されているため、2021年も10月は祝日はありません。

ただスポーツの日は基本的には、10月の第2月曜日です。そのため、2021年以降は10月に祝日が戻ってきます。10月に祝日がないと年末年始まで、長いためちょっと大変ですよね。

スポーツの日に早く10月に戻ってきてほしい・・・

体育の日でもっよかったのかなとお思いつつ、グローバル化を目指すには、スポーツという単語を使う必要があったのかなと思います。2021年は無事に投稿オリンピックが開催されることを祈りつつ、2021年も祝日のない10月を耐えたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント