【PTA役員決め】断り方は?トラブルを避けるには欠席しない方がいい!不公平ではない選出方法とは?

子育て

現在PTA役員をしていますが、そろそろ次の役員について考えないといけない時期になってきました。私は年子の母のため、役員をしていない方の学年は来年も免除ではなく役員決めに参加しないといけません。

でも正直PTA役員は2年連続はもう勘弁というのが本音です。ただどのような断り方をすればいいのか分からないため、色々調べてみました。また役員決めにはトラブルにならないように欠席しない方が個人的にはいいと思います。

不公平ではない選出方法とは何かも考えてみました。

スポンサーリンク

【PTA役員決め】断り方は?

まず免除に該当する場合は、それを全面に出した方がいいと思います。代表的な免除の例をまとめてみました。

  • 下に未就園児の子供がいる(人数が少ない園は免除にならないことも)
  • お腹に赤ちゃんがいる
  • 引っ越しが決まっている
  • 上の子供の小学校や中学校でPTAをしている(人数が少ない園は免除にならないことも)
  • 園に在籍はしているけれどほとんど通園する予定がない(発達に問題があり別の支援学級に通うなど)
  • 親の介護が必要など

これ以外に仕事だからPTAは無理という理由は、働いている人が大半のため役員決めでは却下されることが多い気がします。

嘘をついて断ると後からばれてこじれるということもあると思います。引っ越しや介護などは、同じ地域なのでばれますしね・・。

ただPTAはボランティア組織です、任意加入団体なので入らなくても問題ないという意見もあります。(参考

そのためどうしても断りたい場合は、PTAの加入しないというぐらいの気持ちでないと難しいのかなと思います。

そこまでは考えていないけれど断りたいという場合は、今のPTA会長に個人的な事情を説明して理解してもらう方法がおすすめです。PTA会長の考えにもよると思いますが、納得してくれると免除してくれる可能性もあります。

【PTA役員決め】トラブルを避けるためにも欠席しない方がいい!

個人的に思うのですが、私の周りはPTA役員決めの際に欠席してくじ引きで役員に当たった人が高確率できます。くじ引きを代行して先生やママ友にお願いしてPTAになってしまうと、気まずだけでなく後々やはりPTAはできないので誰か変わってほしいとトラブルになってしまうこともありました。

さらに上記以外の理由でも自らできない理由を説明すれば、納得してもらえる可能性があると思います。

PTA役員決め不公平ではない選出方法とは?

まずは、立候補、そしてなければくじ引きというところが多いと思います。やる気のある方が立候補してくれるとありがたいのですが、そうはいかないですよね。

ただくじ引きも公平なようでくじ引きに弱い人は、何度もPTAを引いてしまうという場合もあると思います。そのため前年だけ免除ではなく、1度PTAを経験した人で立候補しない人はもう免除にしてもいいと思います。

ただ役員をやりたいと思っている人は、連続してしてもいいのではないかと個人的には感じています。毎回役員が変わることで透明性を保てるとは思いますが、連続してPTAをした方が行事などもスムーズにできると思います。

PTA役員決めはスムーズにはいかない

やりたい人はやりたいけれど、やりたくない人はしたくないPTA役員。断り方も気にしないと後々の園生活にも影響しますよね。

なんとかならないかなもうこんなこと辞めればいいのにと思いつつ、役員決めに参加したいと思います。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント