子供の自転車練習方法を向上させるには?場所は公園?補助輪は何歳ごろから外れる?

未分類

年長の子供が自転車練習をしていますが、もっと楽ちんに乗れる練習方法がないかなと思う今日この頃です。さらに練習場所も普通の公園でいいのか疑問に思ったり・・。さらに補助輪もなかなか外せず、平均して何歳から外れるものなのか調べてみました。

スポンサーリンク

子供の自転車練習方法を向上させるには?

大前提として子供にあったサイズの自転車を選ぶ

色々調べてみましたが、大前提として子供にあったサイズの自転車で練習することが大切だなと思いました。子供はすぐに大きくなってしまうので、合ったサイズで補助輪外しまで行けるといいですよね。

もしまだ自転車を買っていない場合は、ストライダーを使うとスムーズに自転車に行こうできると思います。甥っ子がこれに乗っていましたが、バランス感覚がよくなりそうだなと思いましたよ。

初めはペダルを外して練習する

しまじろうのできた!「じてんしゃにのるのまき」【しまじろうチャンネル公式】

子供たちが大好きなしまじろうの動画に自転車の乗り方が紹介されていたので参考にしました。この方法なら順番を追ってできそうです。

  • まずペダルを外してバランスを取る(これはストライダーであればすぐできそうですね)
  • 前を向く(前方に親がいて待ってあげると良さそうですね)
  • 次にペダルを付けて前に進む(親も子供も焦らない)

子供の自転車練習場所は公園でOK?

自転車の練習場所は、普通の公園も良さそうですが、交通ルールも一緒に学べる交通公園がいいと思います。交通公園によっては、事前予約が必要な場合もあるかもしれません。

自転車交通教室なども開催されていることがあるため、子供がもう少し大きくなったら参加してみようと思いました。

子供の自転車の補助輪は何歳から外れる?

しまじろうの自転車の練習方法を見て思ったのですが、補助輪はそもそも外しておいて練習するということもいいかもしれませんね。

調べていると小学校入学までに外すことが多いようです。ただ子供の個人差もあると思うので、目安にしつつ、焦らないようにしたいと思います。

まとめ

自転車を成功させるには、子供のやる気と親が焦らないが大事かなと思います。交通公園も活用して練習を続けていきたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント