アハモはいつから?ドコモから乗り換えるデメリットはある?機種や通話し放題プランはどうなる?

生活

実家の両親がドコモを利用しているのですが、母親がアハモはいつから始まる様子か興味があるよう。

ただ父親はデメリットがあるのではないかと変えることに後ろ向きな感じなのですね。よくある夫婦喧嘩ですよね。

さらに60代の両親は全くスマホに詳しくないため、機種や通話し放題プランはどうなるのかもよく分かっていない感じです。そこで、色々調べてみることにしました。

スポンサーリンク

アハモはいつから始まる?

アハモは、2021年3月中にスタートすることが発表されています。具体的な日程は今のところ公開されていないため、これから決められると思われますね。

 

ただ一般的にスマホの乗り換えは解約月の月額料金は日割り計算されなかったり、新規契約は月額料金が日割り計算されたりするので、月末がいいという意見が多いです。

 

そのためアハモも月末にスタートすると申し込みが殺到しそうですよね。そのため、中頃までにはスタートすると予想できます。いずれにせよ、まだ正確には決まっていないようなので、最新情報に注目ですね。

アハモドコモから乗り換えるデメリットはある?

ニュースだけを聞いていると、ドコモブランドで安くなる!というイメージああるのですが、なにかデメリットはあるのですかね。両親の世代が乗り換えることを想定に考えてみました。

Web手続きのみ

Web手続きでしか申し込みできないという点は、あまりスマホに詳しくない両親からするとかなりハードルが高いですよね。アハモは若者向けのプランと言われることもありますが、Web手続きに抵抗感のない人でないと詳しい人のフォローが必要だと思います。

 

でもデータ20GBで5分以内国内通話無料という料金プランはあまりスマホを利用していない両親にとっても魅力的ですよね。

ドコモメールが使えなくなる

ドコモメールが使えなくなることが、乗り換え後の最大のデメリットだと思います。正直父親はラインは使っているものの、同世代の人との連絡はドコモメールや電話が中心です。GmailやYahoo!メールも使っているものの、いまいち使いこなせていないと思います。

 

そのためアハモに変えてしまうと、連絡が付かなくなる人が増えてかなり面倒そうです。メルアドを変えましたという連絡をすることも大変だと思います。

契約年数がリセットされる

父は、ドコモの契約年数が20年程です。アハモを利用すれば契約年数がリセットされるため、dポイントクラブのステージ優遇が無くなります。

 

正直両親がdポイントクラブのステージ優遇を活用しているかと言われるとそこまで利用していないものの、ドコモブランドに愛着を持っている父にとってはつらいと思います。

ファミリー割引が使えない

アハホはファミリー割引は適用外です。そのため、ファミリー割引を利用して通話している両親にとってはデメリットですよね。ラインなどで電話する方法を伝えないといけませんね。

アハモの機種は?通話し放題プランはどうなる?

アマホは、機種変更せずにそのまま使える見込みです。新たな対応機種はまだ発表になっていないため詳細は分かりませんが、ドコモで購入した機種であればそのまま利用できる可能性が高いと思います。

 

両親は昨年機種変更をしたばかりで、乗り換えると機種を変えないといけないと思い込んでいました。この点もよく分からない人は、乗り換えにハードルが高いと思います。

 

さらにアハモは5分間までの国内通話が何度でも無料だと発表されています。24時間かけ放題もオプションで登場する予定なので、よく通話する人はそのオプションに加入する鉄づkも撮らないといけませんね。

まとめ

魅力的なアハモですが、正直両親だけでは乗り換えが難しく手助けがいると思います。メリットとデメリットの両方を考えながら、乗り換えるのかどうか両親に決めてもらいたいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント