トイレのつまりを自力で解消!ポコポコ音がする時に気を付けたいこと!

生活

先日トイレを流すとポコポコ音がして、トイレがつまってしまいました。さらに水回り全体もつまってしまって大変なことになったのですが、なんとか自力で解消していきました。今回は、自戒も含めてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

トイレのつまりの原因!ポコポコ音がする時に気を付けたいこと!

我が家のトイレのつまりの原因は、子供が大量のトイレットペーパーを流したこと?だと思います。トイレットペーパーで遊ぶこと好きですよね。子供たちは2人ともトイトレも終わり、自分達だけでトイレに行くようになったので結構油断していました。

 

またつまりの原因がおもちゃであれば、自力での解決は難しく業者に頼まないと難しかったかもしれません。子供のポケットにおもちゃが入ったままトイレに行くこともあるので、気を付けないといけないなと思いました。

 

さらに大人もスマホを落としたり、水に溶けにくいものを流してしまったりするとつまりの原因になる可能性があります。トイレには余計な物を持ち込まない方がいいと思います。

 

ポコポコ音が出た段階で、注意しないといけませんね。

トイレのつまりを自力で解消した方法

色々試してみましたが、有効だったなと思う手段を紹介していきます。

ぬるま湯を大量に流した

トイレの水を何度か流してみたら解決するかなと思ったのですが、ダメでした。調べてみると大量の水を流してみるといいと書かれていたので、お風呂の残り湯を大量に流してみました。

 

この時熱すぎるお湯はトイレを傷つけてしまう可能性があるので、ぬるま湯にしてください。軽いつまりであれば、これで成功するようです。ただ我が家では無理でした。

トイレの奥をかきまぜた

トイレの奥がつまっている感じだったので、奥をハンガーでかき混ぜてみました。ハンガーは先の部分を丸くして、なるべくトイレを傷つけないようにしました。すると何かつまりが取れたような感覚になりました。

 

本当はハンガーよりもラバーカップを利用することがいいようなのですが、なかなか自宅にない人も多いと思います。学生時代に学校などにはありましたよね。この機会に用意しておいた方がいいなと思いました。

トイレのつまりは突然やってくる

思ってもみないタイミングで、トイレのつまりはやってきます。まずはトイレをつまらせないような使い方をすること、さらに素早く対処できるかどうかが大事だなと思いました。

 

いざと言う時のために水回りの相談ができるぼったくりではない業者も調べてみたらよかったなと思ったので、この機会に水回りのトラブルがあった時の対処方法を考えてみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント