生理用品に布ナプキンがおすすめ!メリットとデメリット&面倒ではないお手入れ紹介

生活

生理用品が話題になっていますが、個人的に布ナプキンを選択肢にいれてもいいのではないかなと思います。ここでは、個人的に布ナプキンをお勧めする理由といまいちかなと思う点、お手入れ方法を紹介していきます。

生理用品代わりにおすすめの布ナプキンとは?

布ナプキンは布で作られたナプキンで、洗って使います。今は使い捨てタイプも販売されているようですね。ネットでも気軽に購入できます。

私が布ナプキンと出会ったのは、1人目の子供ができずに悩んでいた妊活時代。その後すぐ妊娠したため、個人的には効果があった?のかなと思います。

生理用品に布ナプキン!使って思うメリットとデメリット

メリット

買い忘れの心配ない

布ナプキンは、一度購入すれば平均5年ほど使えます。そのため、買い忘れの心配や生理用品の品薄を気にしなくてもいいです。

温かい

一般的な生理用品は、つけた瞬間ひやっとしませんか?布ナプキンは、布なのでその心配はありません。寒い季節にピッタリだと思います。

案外ずれない

布ナプキンを使う前は、ずれるのではないかと心配に思っていた時もありました。しかし案外ずれず、洋服に付いたことはありません。

デメリット

初期費用がかかる

トータルで見ると、生理用品よりも布ナプキンの方が経済的と思います。ただ布ナプキンはそれなりの枚数がいります。例えば多い日頻繁に変える場合は、洗い替えや洗濯が乾かなかったことを思って3日分以上は用意しないと不安です。

外出先や災害時に不便

布ナプキンは外出先では、使用済みのものは持ち運びに苦労します。そのため、会社員時代は会社では一般的な生理用品、自宅では布ナプキンを使用していました。また長時間断水ということがあれば、布ナプキンだけでは災害時は不安だと思います。そのため、使い分けてみるのが一番いいかなと思いますよ。

布ナプキンの面倒ではないお手入れ紹介

布ナプキンはお手入れが面倒そうですよね。でも案外簡単です。

①アルカリウォッシュの入ったバケツにつける

ホーロー製のバケツか外から見えないバケツに試使用済みの布ナプキンをつけ、アルカリウォッシュにかけます。

量が多い場合は、手洗いしておくといいですよ。ただ渡井は結構面倒でそのままつけ置きしているだけのことが多いのですが、綺麗に洗濯できます。

②洗濯機に入れて洗う

洗濯ネットに入れて、他の洗濯物と一緒に洗濯機にインします。他の洗濯物に経血が移ったことはありません。ただ一応白物とは避けるようにしています。

後は干すだけでOKです。案外簡単ですよね。

まとめ

娘が大きくなったら、生理用品の使い方と布ナプキンついても教えてあげたいと思います。自宅にいる時だけや量が少ない時からスタートするといいと思うので、試してみるのもいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント