置き配指定(玄関)をAmazonで利用して感じるメリットとデメリット!

生活

Amazonをよく利用する我が家。置き配指定をしてしばらく経ちました。以前はインターフォンを押してくれていましたが、最近は勝手に置いて行かれることが多いです。便利だなと思う反面、困ってしまうこともあります。その中で感じるメリットとデメリットについてまとめてみました。

スポンサーリンク

置き配指定をAmazonで利用して感じるメリットとデメリット

メリット

まずはメリットです。

宅配時間を待たなくていい

宅配時間を待たなくてもいいのは、大きなメリットだと思います。特に子供が小さい間が、時間通りに行動できないことの方が多いですよね。宅配時間を待たなくても、Amazonの商品が受け取れることは魅力的です。

インターフォンが鳴らされない

インターフォンの音が鳴らないため、在宅で勤務していても作業が中断されないのでいいですよね。子供が寝ている時間に宅配をお願いするとひやひやしていました。

出ていかなくていい

宅配を受け取るために出ていかなくてもいい点は魅力的です。極力人と距離を置きたいときや化粧していない日などは出ていかなくても受け取れることがありがたいです。

デメリット

便利ですが、デメリットもありますよね。

盗難が心配

配達されないことに気が付かなければ、玄関に置きっぱなしになってしまいます。届いていない場合は、商品の再送や返金に応じてもらえる見たいです。

(参考:https://www.amazon.co.jp/%E7%BD%AE%E3%81%8D%E9%85%8D/b?ie=UTF8&node=6665180051

ただよく考えてみると、盗難も心配ですよね。さらに玄関前で個人情報も丸わかりな気がします・・。自宅にずっといない場合は、気にした方がよさそうですよね。

雨の日が心配

雨の日だと心配ですよね。宅配してもらったときはまだ雨が降っていないときだったとしても、確認に行くまでに雨が降っていたら濡れる可能性大ですよね。

なるべく濡れない場所を置き配場所に指定するといいと思います。もしくは宅配ボックスなどを用意して、そちらに入れてもらうようにするなど対策を取っておくと便利ですね。

確認が面倒

インターフォンも押されないため、届いたかどうか気が付かずそのままということもありました。Amazonからのメールやアプリで通知がいくため、こまめに確認するといいですね。

まとめ

便利なサービスですが、ざっと考えてみてもメリットとデメリットがあると思います。上手く利用して使うといいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント