非常食はおいしいご飯!賞味期限切れ間近のアルファ米尾西を食べた感想まとめ

生活

先日だいぶ前に購入した非常食のアルファ米尾西の賞味期限が切れそうだったので食べてみました。正直非常食はあまりおいしいイメージがなかったので、感想をまとめてみました。

非常食はおいしいご飯!賞味期限切れ間近のアルファ米尾西を食べた感想

今回食べたのはこちら。

今回賞味期限が2021年5月や6月だったので、初めて食べてみました。

そもそもアルファ米とは、水分だけがない状態の炊き立てご飯。

お湯を注ぎ、15分待てば食べることができます。

作り方や後片付け

作り方は簡単で、例えばチキンライスの場合お湯の場合は15分、15度程度の水の場合は1時間待てば完成です。

中にスプーンも入っているため、食器がない場所や壊れてしまった場合でも食べられる気がします。

非常時には気が動転している可能性が高いため、水しかない場合は特に早めに用意しておいた方がいいなと思いました。

調味粉末で味が調整できる点が凄いなと思いました。脱酸素剤が入っているものもあるため、出すことを忘れないように。

種類によってはかなり奥まで入っていたため、しっかり探し出さないと誤って一緒に入れたままにしてしまうかもしれません。

ゴミも基本的に外袋やスプーン、調味粉末、脱酸素剤の袋だけでよかったため、ごみが捨てられない状態になっても安心できるかなと思いました。

味の感想

味は普通においしかったです。ただ時間をしっかり守らないまま食べるとぱさぱさした食感の部分もありました。

また袋ごと食べられて便利なのですが、調味粉末をしっかり混ぜておかないと味に偏りがでることも。調味粉末のないわかめご飯などはその心配がいらなかったため、個別に買い足すならわかめご飯の方が緊急時の対策になるかなという印象でした。

まとめ

非常食は使う機会がないことが一番いいのですが、こうして食べる機会を作れて実際の味や使い勝手を確認できてよかったです。

非常食はお値段がかかる物も多いですが、こうして賞味期限前に食べるとローリングストックができていいなと思います。この機会に備蓄用の非常食の内容も考えてみたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント