洗濯バサミハンガー捨ての方は何ゴミ?おすすめの収納方法とは?

家事

我が家で長年使っていた洗濯バサミハンガーが劣化してしまいました。初めて捨てるため、何ゴミに出せばいいのか捨て方がいまいちわかりません。

さらに今後買い替えようと思っているのですが、ベランダに出しっぱなしだったのが劣化した原因なのかなと思うので今度はしっかり収納したいのですが、おすすめの収納方法があるのか調べてみました。

スポンサーリンク

洗濯バサミハンガー捨ての方は何ゴミ?

洗濯バサミハンガーは、基本的に燃えるゴミでOKの様子です。ただ折りたたんでも大きい物は燃えないゴミとして粗大ごみ扱いになる自治体もあります。

また洗濯バサミハンガーの素材がオールステンレスであれば、金属として捨てないといけないことも。

  • 自分の洗濯バサミハンバーの素材を調べる
  • 大きさが小さいかどうか(折りたたんで大きいもの(50㎝ぐらいが目安))
  • 自治体のごみ捨ての基準

という順番で確認するといいですね。私の場合プラスチックでできたものだったので燃えるゴミでいいのかなと思います。

洗濯バサミハンガーのおすすめの収納方法

面倒でベランダに出したままだった生活を改めるため、収納法をまとめてみました。

折りたためるものを選ぶ

大前提として折りたためるタイプの洗濯バサミハンガーを購入する必要があります。大きい物だと面倒で収納しないと思います。

簡単に折りたためるものでできれば軽い物がありがたい!色々調べて購入するといいと思います。

収納方法を決める

洗濯バサミハンガーの収納方法は、次の2択です。

  • 吊るして収納する
  • どこかに入れて収納する

どちらにしても何らかの収納アイテムが必要だと思います。

吊るして収納

なるべくごしゃごしゃしたくないときは、吊るして収納がいいと思います。吊るす場所は、なるべく洗濯物を干す場所に近い方がいいと思います。

マグネットハンガーやワイヤーネットなどを使って壁の空いているスペースを有効活用するといいと思います。

どこかに入れて収納する

どこかに入れて収納する方法もあると思います。ただ毎日使うなら、奥深くに収納すると毎日面倒ですよね。洗面台の下のスペースやバスケットトローリーに乗せることもおすすめです。

まとめ

基本的な捨て方は燃えるゴミでいいと思いますが、洗濯バサミハンガーの収納もしっかりさせないといけないですね。なるべく長く使いたいなら、面倒にならないように工夫しながら収納するといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント