子供用雨具は上下タイプのレインコートやポンチョがおすすめ!選ぶポイントまとめ

子育て

雨が降った時に限って、外出したいという子供。そんな時の外出に大活躍するのが、雨具です。そろそろ雨具デビューをわが子にさせたいというママおすすめ情報をご紹介していきます。

スポンサーリンク

子供用雨具の種類は?

キッズ用の雨対策グッズといっても種類は様々!年齢や子供の成長の様子をみて用意しましょう。種類が多すぎて分からないという人に主な子供の雨具種類をまとめてみました。

子供用の傘

 

子供用の傘は、とてもメジャーな雨具でお店で度々見かけます。いつから使えるのかなと悩んでいるママも多いと思いますが、2歳から使えると子供用の雨具も販売されているようです。しかし現実問題、2歳の子供に傘を持たせることは非常に難しいです。我が家の場合、いやいや期が凄かったので雨の中傘を持たしてもささない、振り回す、投げる・・と雨具の役割を果たしてくれませんでした。手がふさがってしまうので、転倒や迷子になる確率も上がります。

 

子供に傘を持たせるなら、いやいや期が落ち着き言葉で言うことを聞いてくれる3歳や4歳程度がベストではないでしょうか。保育園や幼稚園に行く子も多い年頃なので、友人の真似をしながら使い方を真似させるということもおすすめです。レインコートやポンチョなどと併用しても◎。

レインコート

 

キッズの雨具の定番といえば、レインコートです。レインコートと言っても種類は様々です。軽い素材の物は、子供への負担が少ない分雨量が多い場合には対応しきれないケースもあります。ランドセルやリュックをカバーしてくれるタイプのレインコートもあるので、どのようなシーンでレインコートを使うかによって使い分けしても良いでしょう。上から羽織るだけの物、おすすめの上下セパレートになっているものなどバリエ―ションも豊かです。

ポンチョ

レインコートと似ていますが、頭を通すだけで袖が無いタイプがポンチョです。よく遊園地の水に濡れるかもしれないアトラクションで販売されているアイテムです。可愛いデザインも多く大人気です。頭から着せるので、着せやすいですが足元が濡れてしまうことがデメリット。足元を濡らしたくないという人は、長めのレインブーツと合わせて使うと良いでしょう。

レインブーツ

子供の足元も守りたいというママは、レインブーツも忘れずに。選び場合にはデザインだけでなく、軽さや素材も要チェック。サイズもぶかぶかだと水が入って来る危険性が高まります。また短いものよりも長いレインブーツの方が濡れにくいです。

子供用の雨具の選び方は?

種類の多い雨具ですが、おすすめの選ぶ際のポイントをご紹介してきます。

なるべく派手なデザインを選ぶ

雨でも、子供は動き回ります。雨の日のお出かけで一目でわが子だと分かりたいのなら、ど派手なデザインの雨具を選ぶようにしましょう。周りと差を付けたいという人は海外製のレインコートなどがおすすめです。

雨の量や子供の動きによって雨具を変える

少量の雨ではポンチョで外出、雨の量が増えそうだなと時には上下別のレインコートを使い分けると良いでしょう。雨具は複数持っていることが理想ですが、経済的に厳しい場合には、上下別のレインコートを持っていれば安心です。着せるのが大変ですが、絶対子供を雨に当たらせたくないというママには最適です。

防水加工の雨具を選ぶ

軽くて安い撥水加工の雨具に手が伸びがちですが、雨の量によっては浸みてくる可能性もあります。防水機能が十分な雨具が良い場合には、防水加工と書かれたものを選ぶようにしましょう。

使った後はしっかり手入れする

長く使いたい人や毎回雨具として大活躍してもらいたい場合には、メンテナンスも大事です。使い終わった後は、しっかり干しましょう。間違ってもぐちゃぐちゃと雨具入れに入れれば、次回使う時に大変です。面倒でも丁寧に折りたたむようにしましょう。

雨具で雨の日も子供と楽しく過ごしましょう

ついつい家にいてしまいがちな雨の日ですが、散歩可能な雨の量であれば雨具を使って雨の音や匂い、感触などを子供に体験させてみても良いですね。雨の日にしかできない素敵な思い出になる事でしょう。

こんな記事もおすすめ

レインコートはいつから必要?あまり雨の日お出かけしないなら100均のレインコートがおすすめ!
梅雨の時期や雨の時は、ママとしてはお出かけしたくないですよね。でも、子供は外に出たがるし送迎などで外出が必要・・。そんな時に子ども用のレインコートは必要なのかと悩みますよね。我が家の体験談を基にいつから必要なのか、考えてみました。これからレ
429 Too Many Requests
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント