ミタゾノの主題歌は島茂子の戯言!Mステ出演や女の坂道に続くリサイタルはあるのか?

エンタメ

女子よりも女子力の高いTOKIOの松岡昌宏さんがみられる「家政夫のミタゾノ」が、4月20日に帰ってきます。そんな「家政夫のミタゾノ」の主題歌を担当するのは、謎の新人歌手島茂子さん!新曲「戯言」の雰囲気や今後のテレビ出演、リサイタルについて調べてみました。

スポンサーリンク

ミタゾノ主題歌を歌う島茂子とは?

島茂子は、1970年11月11日生まれの47歳。奈良県出身です。ちなみにTOKIOのリーダーである城島 茂さんのプロフィールと一緒(笑い)!島茂子は、2017年8月30日に発売されたTOKIOのシングル「クモ」のカップリング曲「女の坂道」でデビュー。どうしてTOKIOのカップリング曲でデビュー出来たかというとメンバーの弱みを知っているそうです。

島茂子の「戯言」はどんな雰囲気でミタゾノを盛り上げる?

 

「戯言(ざれごと)」は、女の坂道同様に昭和の雰囲気を醸し出す一曲だと予想されます。作詞を手掛けたのは、島茂子さん本人とのこと。

同じプロフィールである城島茂さんは、過去にも菊池風磨さんが良く歌う「僕の恋愛事情と台所事情」や「オレンジ色の太陽」などを手掛けています。「女の坂道」も独特な言い回しでユニークだったので、シュールな展開も多いミタゾノに良く合うかも!!

島茂子はMステに出る?

 

ミタゾノが放送されているのはMステと同じテレビ朝日!mステに本人が登場することも夢ではなさそうです。前曲「女の坂道」のミュージックビデオを初公開したのが、mステなので今回の戯言に関しても初公開の情報が期待されます。ちなみに前回の「家政夫のミタゾノ」のエンディングTOKIO「愛! wanna be with you…」は、リリースは2016年10月30日、Mステでは2016年11月25日に登場しています。今回の「戯言(ざれごと)」は、5月16日に発売予定なので、ミタゾノが盛り上がって来た6月上旬に登場する可能性が高いと予測されます。

島茂子のリサイタルは再びあるのか?

以前「女の坂道」を発表した翌日に、池袋サンシャインシティ噴水広場でリサイタルを開催した島茂子さん。リサイタルを再び行うとすれば、5月17日ということでしょうか。今後の新情報に注目です。

ミタゾノと島茂子から目が離せない!

 

島茂子さんを始めてみた際には衝撃的でしたが、とても美人ですよね!同じ女装繋がりでミタゾノ出演も期待できるかも!今後の島茂子情報から目が離せません。

4月13日追記

島茂子さんが5月6日に東京・明治神宮野球場に登場することが発表されました!ヤクルトとカープの始球式に登場する島茂子さん!野球経験はないそうですが見事な始球式に期待です。

こんな記事もおすすめ!

429 Too Many Requests
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント