子供の食事しつけ難しい‥治らない時はどうすればいい?

子育て

子供と食事していて気になるのが、食事のマナー。しつけの中でも特に難しいと思ってしまいます。我が家でもなかなかうまくいかず困っています。また食事のマナーが治らないだけでなく、せっかく作った食を食べない時もしばしば。どうすればいいのか色々考えてみました。

スポンサーリンク

子供の食事しつけ難しい…

普通のしつけも難しいですが、子供の食事が1番難しいなと思います。

親としては、以下のような理由で難しいなと感じがちです。

  • 目に付くので、ついつい言い過ぎてしまう
  • 食事は毎日のことなので、ついイライラしてしまう
  • せっかく用意した食事を食べなかったり、ぐちゃぐちゃにされたりするとむかつく‥などなど

ただ子供側も、食事中にがやがや言われるのは辛いと思います。

  • 食事中にがみがみ言われるのは面倒
  • 箸を使うのがまだ苦手
  • 早く食事を終えて遊びたい・・・  などなど

私も子供の時、親に食事マナーを色々言われるのはちょっと嫌でした。

子供のしつけは根気よくいかないと、辛いもの。自分がされて嫌なことは基本しないようには心掛けているのですが、難しいですよね。

子供の食事しつけ上手く治らない時はどうすればいい?

親も食事マナーに気を付ける

このご時世、大人数で食事する機会は少ないです。やはり身近にいる親の食事マナーから気を付けないなと思います。旦那が食事中に肘を付けて食べたりするのですが、注意して改善してもらうようにしました。子供よりも大人の方が食事マナーの意識ができると思うので、まずは自分達からという心掛けが大事ですよね。

食事の環境を整える

テレビを見ながらの食事は、つい手が止まってしまいがち。朝食の時だけでもテレビをオフにして集中できる時間を整えるといいですね。

学校や園と協力する

給食を食べている場合、先生に様子を教えてもらうこともありだと思います。我が家も、園ではしっつかり食事マナーを守りながら食べてみる様子。友達と食べる時に気を付けられているなら、本当はできる、食事マナーを守ることができるはず。

一つずつ解決する

一度に色々言われるのは、辛いもの。スモールステップで行くように心がけています。我が家ではどうしても手で食べてしまう癖があったので、扱いやすい箸やスプーンを側に置いて意識してもらうようにしています。いきなり完璧にすることは誰にもできないので、少しずつマナーを改善していくという姿勢でいいのでは?我が家も少しずつ見守っていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント