カエル飼育初心者おすすめしない!環境や餌準備まとめ

カエル 飼育子育て

先日息子が園からカエルを持ち帰ってきたので、数日カエルを飼育しました。ただ初心者には、正直カエルの飼育はおすすめできません。

ペットとして買う時の環境や餌準備で苦労した点をまとめてみました。

スポンサーリンク

カエル飼育は初心者おすすめしない

実際に数日カエルを飼育してみて、長時間飼育するのは難しいなと思いました。

  • 餌の準備が大変
  • 環境づくり
  • 母がカエル苦手

それぞれを順番にまとめていきたいと思います。

餌の準備が大変

カエルの餌は、基本的に動くものです。

【東山動植物園公式】カエルの捕食シーン第5弾 《 ミヤコヒキガエル カエル 両生類 》

飼育するには、動く虫を用意しないといけません…。虫好きの息子ならともかく、母は虫がダメです。

鰹節ならどうかなと思って調べてみたのですが、駄目の様子でした。

そのため我が家では、

  • なめくじ
  • テントウ虫
  • バッタ

などを息子と捕獲しに行きました。毎日のことなので大変…今回我が家は1週間で別の子の家に渡す約束だったので購入しませんでしたがカエル用の餌もあるみたいです。

働いているご家庭だと毎日虫を取りに行くのは大変だと思うので、餌を代用するといいですね。ただそれでもカエルにピンセットなどで動かしながらあげるのは大変だと思います。

環境づくり

カエルは乾燥しているところはNGですが、水道水を使うことはダメみたいです。そのため1日太陽に水を置いてカルキ抜きしないといけません。

晴れた日が続かなくて、大変でした。浄水器があるのですがカルキ抜きかは分からず。しっかりカエルを快適に過ごす環境を整えないといけませんね。

私がカエル苦手

母の私がカエルが苦手なので、餌の虫を直接ゲージに入れるといったお世話は基本6歳の息子に💔まだまだ気まぐれの息子にお世話させるのが大変でした。

家族で苦手な人がいると、飼育は大変かもしれませんね。

まとめ

短期間でしたが、カエルの飼育の経験ができて良かった半面、素人には難しいなという印象でした。

餌の生きた虫を捕らえるというのがハードルが高かったです。虫がそもそも無理というご家庭は、別のペットを検討した方が絶対に良いとお思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント