兄弟喧嘩一日中でうんざり&ノイローゼ気味!大人はほっておくだけでOK?

子育て

長期休みになると、兄弟喧嘩に一日中うんざりしたり、ノイローゼ気味になってしまったりすることもありますよね。

我が家も年子の姉と弟が毎日大喧嘩。とくに弟が姉をたたくこともあって、手が出ることもしばしば。大人はほっとくといいと聞くものの、正直ほっといていいものか不安を感じます。

そこで今回は、兄弟喧嘩一日中でうんざり&ノイローゼ気味の私が思う兄弟喧嘩についてまとめてみました。

スポンサーリンク

兄弟喧嘩一日中でうんざり&ノイローゼ気味・・・・大人はほっておくだけでOK?

兄弟喧嘩は、全くなくすことは難しいと思います。正直私の子供時代を振り返っても、妹と喧嘩ばかりしていた気もします。

原因も子供を見ていると正直どうでもいい内容ばかり。

お菓子の大きさが姉の方が多かった
一番涼しい場所の取り合い
見たいテレビの内容が違う
お気に入りのぬぐるみを取られた などなど
 
ただこの自分の思う通りにならないという経験を子供時代にできるのが兄弟・姉妹のいる家庭のメリットかと思います。
 
手が出て怪我をさせるようなことがあれば問題ですが、問題ないようであればやはりほっておくのがいいのではないでしょうか。

分かっているけどノイローゼになる・・・。

ノイローゼになる理由は、子供の喧嘩が常に目に入る場所にあるかなと思いますよ。正直大人が怒鳴ってもやめないのが兄弟喧嘩。
 
一時的に喧嘩をしなくなっても、すぐにまた始まるもの。
安全を確認の上その場を離れる
音楽を聴いて少し自分の世界には入る
子供が好きな番組を一緒に見る
ゲームで勝敗を決める
といったやり方もいいと思います。
 
我が家で今大活躍しているのは、人生ゲームです。

下の子も年長になり、徐々にルールも分かってきました。小学生ぐらいから楽しめると思いますよ。一度始めると結構いい時間が過ぎ、いつしか喧嘩をしていることも忘れることも。親戚の子と喧嘩になりそうになったときにもうまく気をそらすことができました。

ゲーム中に別のことで喧嘩になることもありますが、結構すぐに大人も一緒に参加するとほっておくだけでいいのかなというモヤモヤも解消できていいと思います。

人生ゲーム以外にも、兄弟喧嘩になりそうになったら、公園へいく、出掛ける、おやつの時間にするなどの方法もおすすめです。

少し子供の喧嘩に向かう気持ちを抑えることで、大喧嘩になることを防ぐことができますよ。

最後に

大人になったら兄弟・姉妹に対する見方も変わり、喧嘩していた日々を懐かしく思うこともあるでしょう。

うんざりしてしまいますが、一緒に気分転換して乗り切りたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント